fbpx
NEWS

(肺)うっ血状態・胸水・浮腫の簡便な評価、適切な治療介入と継続

慢性重症心不全では、利尿薬をはじめとするガイドラインに則った治療の最適化が行われてもなお肺うっ血・胸水・浮腫が十分にコントロールできず、呼吸困難などの症状が持続する場合があります。そこで、医療関係者が簡易に心機能を評価し、治療方針の決定を可能とする提案を募集します。