fbpx
NEWS

呼吸機能の低下防止と呼吸不全患者さんのQOL改善

COPD等の呼吸不全では服薬忘れや感冒などが要因で、息切れや呼吸困難などの症状が悪化し、時には入院が必要になります。この予防には、呼吸リハビリテーションや併存症の管理、服薬アドヒアランス向上が必要です。そこで、訪問看護師等を含む医療関係者の介入によってQOLを維持し在宅生活を継続可能にする提案を募集します。