fbpx
NEWS

加齢によるリスクの認識と状態評価による予防や治療の開始

加齢と共に有症率が高まる、骨粗鬆症や変形性関節症はその初期段階では症状がないことが多く、骨折や膝の痛みを自覚後に治療開始することがあります。そのため、早期にリスクを認知し、予防のための食事や運動療法の開始につながる簡便な骨粗鬆症や変形性関節症の評価法の提案を募集します。